ろうくん備忘録

記録とアウトプットのブログ

10/13fri.備忘録35

スポンサーリンク

 

・書籍、必ず食える1%の人になる方法

今読んでいる途中だが内容が面白くて、「これでいこう」と思ったものがあったので備忘録へ。

 

  ①まず100人に1人のレア人間を目指す。

【1 0 0人に 1人 という 1 %の希少性を獲得できれば 、どの分野でも食べていける確率が高くなる!

その他大勢から抜け出すことが可能になる 。

それが スーパ ーエリートでない一般ビジネスパ ーソンの生きる道】

②レア人間になるための7つの条件をクリアする

1.まず、基本の3条件

    条件1
      パチンコをするか、しないか

    条件2
      携帯ゲームを電車の中で

      日常的にするか、しないか

    条件3
      本を月1冊以上読むか、読まないか

 

2.次にタイプ別に4条件

以下タイプのみ記載。

 

    生き方・働き方を

   「価値観×志向」別に

     4つのタイプに分類。

 

      ⑴「社長タイプ」

      ⑵「自営業タイプ」

      ⑶「公務員タイプ」

      ⑷「研究者タイプ」

③上記をクリアして分野Aで100人に1人のレア人間になる。

 

そうしたら次は分野Bで同じく100人に1人を目指す。その結果A×B=1万人に1人の【レア人間+】になる。

更に分野Cで100人に1人を目指すと、

AB×C=100万人に1人の【スーパーレア人間】になる。

◼︎Point

分野ABCは離れていれば離れているほどレア度が増す=自身の需要が増大する。

例えば分野Aが美容師なら分野Bお笑い。

そうするとA×B=お笑い美容師(1万人に1人のレア人間+)更に分野Cまで加わった日には、、、

と、いう感じ。

 

◼︎補足

1つの分野をとことん追求して100万人に1人のスーパーレア人間なられた方だと、体操の内村航平選手など。

ちなみに1000万人に1人だと、i P S細胞の研究でノーベル賞を受賞した山中伸弥教授など。

 

一般の人は上記のABC理論による掛け算型で価値を作っていくのが現実的かつ面白いと思った☺︎

 

そこで自身について目指したい分野の三本柱をここに残しておく。

 

分野A

Life regimen〜生活(命)養生法〜
(少食主義者)

 

分野B

・Minimalism〜充足主義〜
(最小限主義者)

 

分野C
・Money〜お金〜
(信用貢献主義者)

 

この三本柱の中心にある目的・価値観は【健幸】!

 

よし!じゃあ、行動していきますか☺︎!