ろうくん備忘録

スナックどくろー/としろーの記録とアウトプットのブログ

どくろーをやって気づいた4つのこと

スポンサーリンク

f:id:had8c5fc72znl256:20190125204649j:image

1月どくろーも無事終わることができました✨

来てくれた一人一人の方はもちろんのことアドバイスや応援という形で力になってくれた方たちにも本当に感謝です😭


今回の開催はツラい部分もありました

だからこそ!たくさんの学びとたくさんの出会いがありました✨


────────────────

どくろーで生まれまくった「他者貢献」

────────────────

スナック=一緒にする、一緒につくるという思いのもと始めて早4ヶ月


最初は身内だけの来店だった

「おめでとう」「頑張ってね」というお祝いに近い感じ


そこから周りに支えられまくりながら続けていくと徐々に初めましての方が来てくれるようになってきた


そうやって色んな人が集まり交わる機会が増えて起こった現象が3つ

 

 

①「何か手伝うよ?」「何かいる?」って声をかけてくれる


②席の準備してくれたり配膳したりしてお客さんがお客さんをおもてなしする


③カウンターの中にお客さんが立っちゃってお店に新しいマスターが生まれだす

 

 

①と②はお店とお客さんの関係を超えて生まれた「共同作業」


③はカウンターの中に立ったお客さん自身が気配りや心配り、トークを相手に「提供」している


そしてこの3つの共通点は「他者貢献」


自分のできることを人にしてあげる心その心が強い人たち

与える人たちが多く集まっていた


「こんなにもあったかい場所になるんだ」としみじみ

 

 

────────────────

チャレンジからの失敗

────────────────

そして今回は過去最長日数の10日間の開催!


長さもさることながら実は料金設定にもチャレンジしてみた


セット料金で2,000円のところを

「持ち寄り来店 or SNS投稿で1,000円」と


お客さんの反応は様々だったが一番多かった声は「1,000円でいいの!?」という声


当初は自分がお客さんに何を提供できるか分からなかったし来てくれたお客さんに「2,000円です」って自信を持って言えなかった


だから交換条件のような料金システムになったと思う


「AしてくれたらBしますよ」


みたいな


ただまぁチャレンジだったのでその結果はどうだったのか!


売上が上がらない!

(ごく自然な現象)


今回の開催の収支としては家賃の面でビルオーナーが一度温情をかけてくれてなんとか赤字を免れたという結果に


この温情は最大級の「応援」だと思った


自分も含めてもっと周りもハッピーにするため今回の結果は2月に活かす!


ちなみに日数チャレンジとしては大成功!


10日間やることによって「来たかったけど予定があわなくて」という人たちがたくさん来てくれた

 


────────────────

そうして決意新たに、なぜ決意できたのか

────────────────

来てくれた人たちから超絶嬉しい言葉をたくさんたくさんいただいた


「楽しかった」

「癒された」

「応援してます」

「家みたいにリラックスできる」

「これからも続けてね」


こういった声にもっと応えていきたい、持ち寄ってくれたもの、もっと言えばその気持ちを次に繋げたい


なによりも自分自身がどくろー続けたい


そんな風に思った


いつもやる度に不安を感じ続ける自分がなぜそう思えるようになったか少し考えてみた


それは「周りからの声」を直接聞かせてもらえたから


始める前後は「自分がやりたい」「こんな形でやりたい」といった考えの方が多かった


自分のことオンリー


自己完結だったからこそ「続ける」って気持ちはものすごく弱かった

(というか一回でやめる気すらあった)


そんな自分をスタートラインに立たせてくれて走り出させてくれた人たちがいてくれたおかげで「声」を届けてもらえるところに立ちだした


人がやりがいを見出したり「やっていこう」って思うのはこんな風に周りから声をもらった時なんだろうと

 


────────────────

だからこそ避けては通れない「お金」の部分

────────────────

だからこそお金の部分は避けて通れない


自分の好きなことと周りが求めてくれることを「続けるために稼ぐ」


これの大切さを再認識


自信を持って胸を張ってお金をいただく


そうしないと応援してくれてる人たちの気持ちを大切にできてないことになる


それはしちゃいけないこと


ある人が前に言ってくれた

「いただくお金を、料金設定をどれぐらいにするかがアナタの覚悟だよ」


この言葉を念頭におきながら2月開催に向けて動き出します、というか動いています!


よし!やれることは全部やるぞ!

 

 

────────────────

【持ち寄り・おすそ分けスナックどくろー】

あなたの持ち寄るモノ・ココロが世界一最高な場をつくる


【ホームページ】

https://peraichi.com/landing_pages/view/dokuro


#スナック #どくろー #持ち寄り #おすそ分け