ろうくん備忘録

記録とアウトプットのブログ

たこ焼き焼いた/スナックどくろー開催奮闘記

10/16 12日目

大阪にいるジローさんから北九州の自分の家に新品のたこ焼き機が届く


「他にも必要なもん、まとめて送ったるから〝どくろーたこ焼き〟で出しなさい」

「練習も配信しながら、たこ焼きのクオリティがどうなるか自体をライブにしたらええ」


そう言ってくれていた


自分はたこ焼きを焼いたことがない

それも含めてのライブ感

しかも練習風景の配信まで


ハードルの高さを少し感じながら箱に入ってるたこ焼きを取り出すと一枚の紙にメッセージが


「どくろー楽しめ!」


こういった一言一言にすごく勇気づけられる


更に出汁や串などの必要なもの一式揃えて送ってくれるとのこと


「揃い次第、練習配信だ!」

自分一人で発信することへの抵抗感に不安を覚えつつも、やることを心に決めた

--------------------------------------------

10/17 13日目

今日はイベントスペースに行き再度打合せに


その場所はもともと夕方ごろにはバーの営業をしている場所


早い時間からお客さんが入っていたので自分もお酒を一杯だけ頂きながら話すことに


初めましての人たちを交えながら話をする


知らないことを教えてもらったり

面白い話を聞かせてもらったり、


そうして話をしている時に相手が笑ったり楽しそうだったりすると、もっと楽しくなる


「相手が楽しそうにしてるのが好き」

そう思った


1時間ほど時間が過ぎお客さんがみんな帰った後にオーナーさんに聞きながらイベント時の確認をさせてもらった


イベントまで残り3日

できることをやり切ろう

--------------------------------------------

10/18 14日目

今日は日中に持寄りのお酒を受け取りにいったりなんたりして、夜に「たこ焼き練習ライブ配信」


まぁひどかった

自分自身も言葉を失うほどの圧倒的クオリティ


もはやカステラ?とのお声も多数いただき、ただ納得


そんなライブ配信は終始グダグダかつテンパりまくったが視聴してくれた一人一人の暖かい言葉とイジリのおかげで楽しく終えることができた


実はこの時の配信場所が先輩のお店で、たこ焼きのあまりのブスさ加減に「粉買ってこい!もう一回やるぞ!」

と言ってくれた


色んな意味でちょっと泣きそうになる


そのあとは先輩のフォローのおかげでかなりたこ焼きに近づけることができた


感謝です


練習で焼いたたこ焼きは一人40個ずつぐらい食べました


ー開催まで残り2日ー

バイオリズム/スナックどくろー開催奮闘記

ー8〜11日目ー

前日に昼過ぎに寝て夕方に起きてリズムが変わったり、連日朝まで話したり飲んだりしたため8日目の今日はひたすらに寝てしまっていた

 

寝すぎたことを後悔しすぎないよう

「これは必要な回復!」と自分に言い聞かせた

--------------------------------------------

日付も変わり9日目

今日はイベントスペースを貸してくれるオーナーさんから落語家さんを呼んでする寄席イベントの誘いを受け参加

 

そこでも知り合った人、再会した人へスナックイベントの話をすることができた

 

「飲みに行くよ」

「ちょっとだけ顔出しに行くよ」

 

そんな言葉もいただけた

 

「ん?まてよ、、」

 

そう言えば場代2000円にして時間はフリーにしているが、時間の合間をぬって「一杯だけ」と来てくれる人たちが飲み食いできるシステムを作っていないままだった

 

「それはイカン!」

 

アドバイスをもらっていたのにもかかわらず焦っていたり浮かれていたりで完全に抜けていた

 

開催まで丁度一週間

 

「協賛してくれたモノや持ち寄りの品を整理して単品メニューの枠を取り急ぎつくろう」

 

プレッシャーが増してきた

--------------------------------------------

そうして更に日付も変わり10日目

 

最低限の飲み物

(ビール、ハイボール、ソフトドリンク)

 

あわせて食べ物を準備しておく

(乾き物など)

 

そして単品メニューを作っておく

 

それから一人一人への告知も進めて

 

それからイベントをする場所の近隣の人たちへの挨拶も進めて

 

それから

それから

それから

 

この日は「頭でばっかり考える」ことをしてしまった

 

これは良くない

 

案の定自分で行動のハードルを上げまくった結果動けなくしてしまった

 

「考えすぎる」

 

それともう一つ

 

「なんでも自分一人でしようとする」

 

このクセを2つ同時に発動してしまった

 

話せる人はいる

なら相談する

 

やることが重なって何からしていいか見失う

それなら今すぐできる小さなアクションを起こす

 

そういったことができず

また、できなかった自分を恥じながらモヤモヤした日にしてしまった

--------------------------------------------

気づけば始まりの日から11日目

 

「昨日は昨日、今日は今日」

 

そう思い1日を始める

 

そうして友人と連絡を取り合ったり

頭の中や予定・することを整理しながら日中を過ごしていた

 

そうしていたら連絡があり、夕方になるころ、先週呼んでもらった先輩の店へ向かった

 

実は先輩は13日の土曜日にビールとハイボールを買ってイベント開催場所に来てくれていた

 

だが日付を20日に変更したことをFacebookなどの告知でキチンとしていなかかったため無駄足を運ばせてしまう結果となってしまっていた

 

その時ものすごい申し訳なさと同時に正直なところ「来てくれた」ということが嬉しくもあった

 

そして今日先輩が自分を呼んだ理由は、その「持ち寄りのお酒を持って帰り」ということだった

 

有難すぎる

 

むしろスナックイベントに対して面と向かって辛口コメントをくれている人だったから余計に

 

前日は思考も行動も不完全燃焼だったが、おかげですごく気持ちのバランスがとれた日になった

 

感謝

 

ー開催まで残り5日ー

応援が身に染みた日/スナックどくろー開催奮闘記

ー7日目ー

博多から朝帰り

小倉に着いたのは7時ごろ

 

前日の強まった気持ちからの興奮と寝ていないまどろみが合わさって少しおかしなテンション

 

小腹が空いたので朝マックでマフィンを胃に詰め込みながらもスナックイベントのことを考える

 

「ジローさんを始めたくんの人がアドバイスしてくれた事でまだやってないことは?」

 

「そうだ!前売りチケット販売!」

 

そう思い出した瞬間マックを足早にでる

 

「チケットとお祝い・応援の枠をつくろう!」

その直後、頭に浮かんだのは

「お祝い・応援の枠を作ることによって非難されるんじゃないか?」だったが無視した

 

いや無視できた

 

寝不足と前日の酒のせいか良い意味で考え込まなくなっていた

 

早速ネットショップサービスを使い商品登録を進めていく画像や文言を決め、微調整をしながら1時間ほどでページが完成

 

早速Facebookに投稿する

反応が逐一気になりながら帰路につく

 

家に帰り着いたのは昼過ぎ

体力の限界を迎え着の身着のまま眠りにつく

 

目が覚めたのは陽も沈むころ

時間を見るためにスマホを見ると見慣れない通知が画面に表示されている

 

「スナックどくろーで商品が購入されました」

 

一瞬で目が醒める

しかもよくよく見ると複数の通知が

 

画面を開き一件一件の通知をみるたびに嬉しさが込み上げてくる

 

参加チケットを買ってくれる人

「行けないけど応援してるよ」って人

「おめでとう」の気持ちを込めてくれる人

 

時にはメッセージまでつけて励ましてくれたりもした

 

一人一人の言葉と気持ち

そして購入してくれる手間

メッセージを打ってくれる時間

気持ちが込もったそれぞれのお金

 

すごくすごく有難い

 

「開催しても人がこなかったり、スベったらどうしよう」

 

ずっとそう思っていたが良い案配でそういった類の不安は消えた

 

ー開催まで残り9日ー

覚悟が育っていく/スナックどくろー開催奮闘記

ー6日目ー

今日は博多へ向かう

理由は面接

 

自分は10/20にイベントをする

そのことを1つの目標に動いている

 

そして行動しだしてからずっと思っていること

「自分はスナックをこれからやるのか?」

 

それと同時に思う

「だけど直近の生活のためのお金も必要」

「貯金も何も無いなら、まずは二足のわらじを履くところから?」

 

そんな風に考えながらイベントの開催準備を進めつつ時間の融通をきかせてもらえそうな企業を受けている最中だ

 

電車に揺られること1時間半

博多についたのは夕方の17時

 

面接会場に入る前にコンビニのトイレで身なりを整え面接に挑んだ

 

結果は一週間後とのこと

会場を後にしてスマホを見ると時間は18時

 

「せっかく博多に来たんだから、こっちの知り合いに挨拶とスナックイベントのことを話しに行ってみよう」

 

そう思いFacebookを開き博多の知り合いの人の投稿やイベントをチェックする

 

タイミングが合いそうな人は中々見つからない

 

どうしたものかと途方にくれていた時にある投稿が目についた

 

【フクコン】

 

これは「福岡の街をより良く、面白くしよう」という有志が集まって、それぞれが「ジブンゴト化」しグループディスカッションを行い実際にその日をキッカケにプロジェクト化するイベント

 

参加予定の人たちをチェックしてみると知っている人が何人かいる

 

「知り合いに会えるだろうし、自分の意見を話す練習にもなる!」

 

そう思い駆け足で天神の会場へ向かう

 

時間ギリギリに到着

 

「知っている人は来ているだろうか?

覚えてくれてるだろうか?

ちゃんと話せるだろうか?」

 

そんな不安をよそに3ヶ月ぶりに再会できた沢山の人たちは気さくに、そして優しく出迎え受け入れてくれた

 

そうして和やかな気持ちになっていく中イベントが始まる

 

プレゼンターの人たちも参加者の人たちも活き活きしてる人たちが多くいるように感じた

 

「やっぱり自分も、そう在りたい」と思う

 

終始活発な状態のままイベントは終了

その後は自由参加で懇親会

 

「懇親会でスナックの話をしよう!」

心の中で静かに繰り返す

 

だがいざ始まってみると「自分の話」をどう切り出していいかに戸惑い上手く話せないことが続いた

 

そんな中、不意に隣に座ってくれた人がいた

 

この人は自分が6月ごろに福岡のスナック視察に行っていた時に知り合った人で当時コミュニケーション能力をめちゃめちゃ褒めまくってくれていた人

 

久しぶりの再会と会話に若干の緊張をまじえながらも頬がゆるむ

 

この人は話し上手で盛り上げ上手

 

場をひとしきり盛り上げた後にスナックの話を聴いてくれた

 

色んな人がいたので少ししか話せなかったが有難かった

 

そのおかげでいい具合に緊張もとけ、少しずつだが「スナック」の話をすることができた

 

不思議なもので

「一回諦めた。だけどケツを叩いてもらって、まずは一回イベントでやってみることにした」という話をすればするほど「やろう!」って気持ちが強くなっていった

 

その前提には再会した全ての人たちが肯定してくれたからだと思う

 

改めて有り難いと感じた

 

そうして懇親会が終わったのが23時半ごろ

 

気づけば終電を逃していた

 

その時に後ろから「ちょっとだけ飲みにいこうか」

 

そう声をかけてくれたのは懇親会の時に不意に隣に座って話を聞いてくれた人だった

 

そのまま飲みに連れて行ってくれて、なんと朝の4時まで話をしてくれて聞いてくれた

 

「お前のポテンシャルはスゴい」

「人たらしや」

「絶対出来るよ」

「北九州行ったら絶対行くもん」

 

1つ1つの言葉が嬉しすぎる

「スナックをやる」という気持ちが更に更に強まった

 

なんだろう

覚悟が育っていってるような

そんな感覚を感じた一日になった

 

ー開催まで残り10日ー

何処に飛び込むべきか/スナックどくろー開催奮闘記

ー5日目ー

今日は昔勤めていた飲食店の時の先輩が新しくお店をオープンさせるので掃除のお手伝いに

 

もう10年以上の付き合いになる人

 

キツイ時に話を聞いてくれたり仕事が出来てない時にケツを叩いてくれた人

 

自分自身が「バツが悪い」そう感じるような過去のやってきたことを満面の笑みでイジって暗いと言われる出来事を明るくしてくれるユーモア溢れる人

 

強い物言いとは裏腹に圧倒的他者目線で考え行動し思いやり溢れる人

 

たまに短気を起こしたり起こさなかったり

 

そして飲み好きでおしゃべり好き

 

そんな人

 

掃除をしながら色んな話をする

その途中スナックイベントの話になり

「場代で2000円とって持ち寄り協賛とか舐めとるやろ」

 

そう言われ気持ちが萎縮する

 

そんな気持ちを笑って誤魔化しながら

「そうですよね」と答える

 

「それでも、それでもまずはこの一回をやることが大切。始めの一歩を」

 

頭の中で自分に言い聞かせる

 

最近毎日言っている

「まず一歩」

「小さくてもいい」

「人に言えない、呆れるくらい小さくてもいいから一歩を」

「まず一歩」

 

そんな風に考えながら掃除も一区切りついてきたころ先輩がオープンさせるお店の話を聞かせてくれた

 

ちなみにこのお店は居抜き物件

バーと居酒屋がくっついていて入り口は別々だが店舗内で行き来ができるようになっている

 

そして話は端的にいうと「働いてみるか?」ということ

自分が重く受け止めたりしないよう軽いニュアンスで話してくれた

 

実は以前にFacebookで「スナックどくろーやります!何も決まってませんが」と投稿したあとに連絡をくれていた

 

「場所が決まってないならウチでやったらいいやん。お金もいらんけ、その代わり店の掃除を手伝って。そしたらお互いWIN-WINやん」

 

願ってもない提案だった

 

実際今の自分はお金が厳しい

けどイベントはしたい

 

先輩は人手がほしい

早くお店をキレイにしたい

 

だけど既に場所を決めていたことと、先輩のお店は主要駅から車で10分ほどの離れたところにあるというのが少しネックだった

 

「来てもらう人たちは駅チカの方が良いだろうな」

 

そんな思考を察してか先輩も

「まぁ場所がね」と

 

「でも掃除は手伝いに行きます」

そう言って今に至る

 

そして「働いてみるか?」という話の内容は今の自分にとても有難かった

 

提案してくれたのは2つ

 

1つ目は、バー店舗を使ってない時間帯の間貸し、例えば夜23時以降から朝方まで

 

2つ目は、先輩のお店で一緒に働くこと

今の暫定的内容は魚中心の定食屋とお酒も出すカレー屋、共に11時から23時まで営業

 

正直選択肢をもらえたことに有難さを感じながらも戸惑いの方が大きかった

 

「どうしよう?」

 

また悩みだす

 

やりたいこと、やるべきこと、できること

生活、お金、やりがい

それから縁

 

「6月に「スナック」と言い出してから今に至るまでにお店の話を提案してくれる人がこんなにも!」

 

そう思い更に色んなことが頭を駆け巡る

 

そんな時、掃除を手伝いに別の人が新たに来て話は一旦終了

 

「考えよう!」

 

そう思った

 

そうしてその後は先輩達と飲みながら喋ってワチャワチャしてた

 

その中で2人で話すタイミングがあったが「やっぱりこの人は人のことを真剣に考える人なんだな」と改めて感じた

 

そんな風に噛み締めたり盛り上がったりして朝方に帰宅

 

夕方には博多に行く予定があったので手早く身支度を整える

 

そんな時にたくさんの人たちからのメッセージがどんどん届いてくる

 

嬉しくなって胸が熱くなって更に「頑張ろう!」って思える

 

決断、覚悟

 

そういったものが少しずつ育ってきているような感じがする

 

気のせいか?

正直よく分からない

 

だけど1つの答えを出すのはそんなに遠くないかもしれない

アクセルを踏み込む!/スナックどくろー開催奮闘記

ー4日目ー

今日は山口県のケーキ屋グランシャリオに向かう

 

以前、オーナーから読書まとめの依頼を3冊分もらっていてその原本を返すため

 

そしてスナックイベントの話をするために

 

伝えたいのは

「グランシャリオのケーキを出したい」

ということ

 

ある意味で安定の不安は今回も発動している

 

「何て言われるやろうか」

「オッケーしてくれるやろうか」

 

そんなことを考えながら電車に揺られること1時間

 

夕日が沈む頃にグランシャリオに到着

 

相変わらずの笑顔で出迎えてくれる

 

少し安心して早速話を切り出す

「スナックイベントのことで相談したいんやけど」

 

そうして帰ってくる言葉は

「やっと、としろーさんが始めたな!と思いました!チャレンジしたなって!チャレンジしたもん勝ちっすよ!」

 

「イベント告知の投稿見て嬉しくなってすぐ連絡しましたもん」

 

9月末に日時の告知をFacebookにした直後に「その日は行けないから別の日でもなんかやりましょう!」

ってLINEを送ってきてくれていた

 

めちゃめちゃ嬉しかった

 

そんなことを思い出していると続けてこう言ってくれた

 

「アクセルを踏んだ方がいい!危ない時は周りが止めてくれます」

「高速に乗る前にブレーキかけたら乗れないでしょ」

「高速に乗ればビュンビュンいけますから!」

「としろーさんの周りにはスゴイ人が多いから、その人が良いっていなら間違い無いですよ!」

 

この人は勇気というかヤル気になる言葉をいつもくれる

 

そんな中、恐る恐るイベントでケーキを出させてもらいたいことを伝える

 

すると秒で

「もちろん!持って行ってください!」

 

あまりの返答スピードに逆に気が動転するw

 

しかもこっちのスケジュールにまで譲歩してくれて受け渡し方法まで協力してくれた

 

頭が上がりません状態

 

そんな中最後に伝えてくれた言葉にグッとくる

 

「これからスゴいことになっていくのを楽しみにしてます」

 

応援の意味も込められたケーキ達

 

本当に本当に有難う

大切に使わせてもらいます

 

そうした気持ちで胸が一杯になり

「有難う!また連絡する!」

と握手を交わしお店を後にする

 

駅のホームまで戻り山口で合流する予定だった人がいたので電話をしたがタイミングが難しくなったので「また今度」ということになった

 

その人が電話の終わりに言ってくれた言葉が嬉しかった

「イベントいくよ!そっち泊まるけガッツリいます!」

「それだけは言っておこうと思って」

 

実際に「イベント行くよ」って言ってもらえたのが始めてで本当に嬉しかった

 

「正直誰も来ないことだってあるよなぁ」

「でも万が一そうなったとしても、それはそれでネタになる!やることが一番大事!」

 

そう奮起しながらも怯えていた

 

だからこそ嬉しかった

 

なんか上手く喋れなくなった

有難う「おしリーマン」

 

そうして帰りの電車に乗り込み移動中に初めてLINEにスナックイベントの投稿をした

 

今までLINEは避けていた

 

TwitterやInstagramは発信力をつけるためにゼロから始めたアカウント

どんな風に見られてもいい

 

Facebookは近い知人・友人もいるが心理的距離感は少し離れているから最近使えるようになり始めた

 

でもLINE!LINEだけは昔からの知人・友人、同級生や自分のことをたくさん知っている人達だらけのアカウント

 

ここの心理的ブロックの大きさたるや

「どう思われるだろう」

「否定的な目で見られるんじゃ」

 

この思考はこの半年何かをやる度に思っていた

 

「だけど今回は自分が主催だ!

それに周りの後押しをもらいまくってる」

そう思った時に「えいやっ!」と踏み込む事ができた

 

投稿してポツポツとイイネがつく

 

その一人一人との思い出が濃ゆくて一つ一つのいいねがスゴく響いた

 

何だか一日ずつちょっとずつ殻を剥いでいけてる感じがする

 

本当に小さな小さな一歩の連続

 

連絡をとれるようにする

人に話をしてみる

発信をしてみる

 

こんなことでここ最近ドキドキしっぱなし

 

だけど不思議と気分は悪くない

 

明日も小さな一歩で良いからを踏み出してみよう