ろうくん備忘録

記録とアウトプットのブログ

【タイ旅行まとめ】タイのお祭りソンクラーン(水掛け祭り)に行かせてもらった!

f:id:had8c5fc72znl256:20190415024602j:image

今回ひょんなことからタイのお祭りソンクラーンへのお誘いを受けました

 


ですが「行きたいが行けない!(金銭的に)」

 


と!いうことで今回初めてpolka(フレンド・ファンディング)で企画を立ち上げ渡航費の支援を募りました


そうして一人一人の支援のおかげで無事企画達成!

f:id:had8c5fc72znl256:20190415025208j:image

(本っ当に感謝です)

 

支援のリターンとして「旅行体験をブログにしてシェアします!」ということでタイのお祭りソンクラーンを中心にタイ観光情報ですっ!

 

お好きなとこからどうぞ↓


タイという国について

f:id:had8c5fc72znl256:20190415025302j:image

微笑みの国タイと言われ日本に対しての対日感情もすこぶる良いと言われています

 


日本食や芸能やザブカルチャーなどの日本文化の普及が物凄いです


時差は日本時間より2時間早いだけ

(日本が13時ならタイでは11時)

 


そして直行便だと6時間弱ぐらいで行けちゃいます

 


そしてそしてタイは熱帯性気候!

平均気温で約29℃(暑っっつかった)

何もしてなくても外にいるだけで汗がとまりません

 


一番涼しい12月でも平均気温17℃とかです

《季節》

11月~2月の乾期

3月~5月の暑期

6月~10月の雨期があります。

 


首都はバンコク

f:id:had8c5fc72znl256:20190415025459j:image

 

首都への最寄りの空港は2つ

ドンムアン空港スワンナプーム空港

 


ちなみにタイはチップ文化も根付いてます

必要とされるのは、ホテルやレストラン、バーにマッサージなどなど

マナーとして必要になるので覚えておいた方がいいです(大切)

払っても日本円で数十円から数百円ぐらいです

 


あと文化と言えば「トイレに紙を流さない」もあるので気をつけましょう(高級チックなホテルとかは大丈夫なとこもある)

f:id:had8c5fc72znl256:20190415025710j:image

念のために「水に流せるポケットティッシュ」を持っていくようにすると安心


水掛祭りソンクラーンって?

f:id:had8c5fc72znl256:20190415025752j:image

毎年4/13〜4/15の3日間開催されるタイ全土で水掛けをする旧正月イベント(前後祭的なものもある)

 


体験情報として

1.掛けられる水は冷たいやつ、謎の粉も塗られる

2.ビッチョビチョなので電車移動やお店など空調が効いてるとこ入ると超絶寒い

※ちなみに外に30分もいたらけっこー乾いてくる

 


と!ネガティブっぽい情報を先行させてますがめちゃくちゃに楽しかったです!

f:id:had8c5fc72znl256:20190416030508j:image

 

ーめちゃくちゃに楽しかった理由その1ー

大人も子ども老若男女関係なく水の掛け合いで盛り上がる

 

ーめちゃくちゃに楽しかった理由その2ー

トゥクトゥクとかの移動中にもぶっかけられてアホみたいに盛り上がる


+αの豆知識

アロハシャツはソンクラーンのユニフォーム!

f:id:had8c5fc72znl256:20190415030410j:image

着ているのは「好きなだけ水掛けしちゃって」のサインになるとかならないとか

 

そしてソンクラーンを楽しむたった1つの心得があります

 

それは「怒らないこと」

ソンクラーンは「全員に」に水を掛け合うお祭り

 

完全に予想もしてないタイミングでこれでもかというほど水を掛けられまくります

 

そんなサプライズ連続なので、それを死ぬほど楽しみましょう!(人がごった返すので盗難防止などの自衛はしっかりと)

 

もっと詳しく知りたい方は↓


いやーしかしソンクラーン楽しかった!

本っっっ当にソンクラーン楽しかった!

 


感想の語彙力の低さに自分自身驚きながらも以下はタイへの渡航・観光情報を時系列でご紹介します

 


まずは飛行機のチケットをとろう

f:id:had8c5fc72znl256:20190415031944j:image

まずはとにもかくにも飛行機のチケット!

 


自分は「スカイスキャナー」を使って手配しました

 


1,000社以上の航空会社を一括検索・比較をして最安・最適プランを出してくれる超絶便利サービス

 


スマホアプリもあるんですが、なぜかLCC(格安飛行機)が反映されなかったのでWEBページで検索をかけるのがオススメです

 


あとは当然っちゃ当然ですが出発や到着に「平日」を絡めるだけで5,000〜10,000円ぐらい安くなります

スケジュール調整がきくなら是非!

 


スカスキャナーのイロハはコチラ↓

 

 

 

海外でもスマホを使えるように

f:id:had8c5fc72znl256:20190415032237j:image

海外に行く時に忘れずにしておきたいのが通信設定!

 


これをせずに渡航先で「スマホ使えんじゃん」って余裕ぶっこいて使っちゃうとウン十万という請求が来ちゃいます!(白目)

 


海外でスマホを使うための方法は大きく分けて4つ

 

1.海外Wi-fiルーターを借りる

2.現地の無料Wi-fiを駆使する

3.現地SIMカードを購入する

4.各キャリアの海外パケット定額サービスを使う

詳しくはコチラ↓

 


自分は今回は3.「現地SIMカードの購入」を選びました

 


そして現地SIMカード×2.「現地の無料Wi-fiを駆使する」の組み合わせでスマホ使用についてストレスフリーで使うことができました

 


それでは必要な手順を

 


まず端末の「SIMロック」を解除する

f:id:had8c5fc72znl256:20190415032953p:image

現地のSIMカードを使うために必ずSIMロックを解除!

必要な条件は「端末購入日から100日以上経過している」ことと「キャリア指定の対象端末である」ことです


そして解除は各キャリアのページから行えます(ちなみに店頭で頼むと3,000円ぐらいかかる)

詳しくはコチラ↓


それでは次のステップ

 

現地のSIMカードを買おう

f:id:had8c5fc72znl256:20190415032845j:image

購入方法は2つ

 


1.現地で購入

2.日本で購入

 


自分はタイのドンムアン空港にある販売所で購入しました

f:id:had8c5fc72znl256:20190416084354j:image

設定やSIMカードの差し替えもしてくれてスゴい助かりました

 

日本で先に購入するなら↓

 


自分が購入したプランは「3日間1GB」のSIMカードで200バーツ(800円ぐらい)

 


日数は短期から長期まであるので自身の旅行内容にあったプランのものを買いましょう

 


両替はどこで?どのタイミングで?

f:id:had8c5fc72znl256:20190415033416j:image

タイの通貨は「バーツ」と言います

 


日本空港でも両替はできますが現地の空港ロビーで変えた方が少しお得です

 


「どうしても不安」

「何かあった時のために」という方は少額だけ変えておくと安心できますね(自分がそうでしたw)

 


ちなみに2019.4.14現在は1バーツ約3.5円

 


余談ですが計算が得意じゃない人(ワタシです)は現地の値段表記に4がけ計算すると日本円でいくらか出しやすいと思います

 


お得に両替したいならコチラを↓

 


全ては自己責任!安全対策をしよう

安全情報

海外に行く時はまずその国の状況(紛争や病気の蔓延など)を必ずチェックしておきましょう

 


海外旅行保険

異国の地での病気やアクシデントに備えておくことは自分のためであり、ひいては周りのために大切です

 


・保険会社へ加入

・空港での加入

・クレジットカードの付与

・航空チケットへの付与

・日本でのWi-fiレンタル時の付与

と様々な方法があります

 


どれが良いかは色んな意見がありますし、個人個人によって最適なものは違うと思います

 


今回に関しては「航空チケットに付与」という形で加入しました

 


選び方の参考に↓

 


持ち物について

観光や散策をする時にカバンを持ってると「大事なものがそこに入ってるぞ」というサインにもなります

 


特にソンクラーンなどの人がごった返すお祭りの時などは極力荷物は持たず手ぶらで行けるように工夫するのをオススメします

 


またネックレスや時計にスマホ、財布なども一瞬で盗られたり、グループで計画的に狡猾的に盗りに来たりします

 


高価なものを身につけるのにも注意が必要

 


それからパスポートや保険、航空チケットの購入情報などは紙で印刷して控えを持っておき「もしもの時」に備えておきましょう

 


いざ出発!行くぜタイランド

f:id:had8c5fc72znl256:20190415221854j:image

さーてさて!

様々なステップを踏み、いざ微笑みの国タイランドへ!

 


福岡空港を8:30ごろに飛び立ちドンムアン空港へ着いたのはタイ時間で12時過ぎ(移動時間は5.5時間)

 


今回は様々な職種というか個性というか、そんな感じの粒揃いメンバー5人で観光!

 


飛行機を降りた瞬間に気温30℃のタイの熱気がムワァーーっとお出迎え

 


どことなくスパイシーな香りも(気のせい)

 


ということで!

まず現地SIM購入と日本円をバーツに両替!

 


そしてコンビニでタイビール!シンハーーー!!

f:id:had8c5fc72znl256:20190415221927j:image

(スッキリして飲みやすかった)

 


熱気だらけの国でキンキンに冷えたビールを一気に流し込む!

これぞタイに来て一番最初にやる楽しみ方です(にわか)

 


そうしてビール片手に空港のタクシーへ乗り込みます

タイタクシーについて↓

 


空港タクシーは番号制なので入口のお姉さんから整理券をもらってください

f:id:had8c5fc72znl256:20190415222036j:image

 


唐揚げホステル トリカ

まずは宿へのチェックインを済ますため30分ほど車を走らせて宿があるオンヌットというところへ

 


異国の風景を流れるように楽しんでいたらあっという間に目的の宿へ到着!

 

入口

f:id:had8c5fc72znl256:20190415223138j:image

 

1階フロントとカフェスペース

f:id:had8c5fc72znl256:20190415222446j:image

 

2階宿泊者用の共有スペース

f:id:had8c5fc72znl256:20190415223209j:image

f:id:had8c5fc72znl256:20190415223316j:image

 

次の日に唐揚げバーガーもいただきました!ボリューミー!

f:id:had8c5fc72znl256:20190415224321j:image

 


キレイでオシャレな宿+色んな国の人がいる

 


そんな空間にテンションが上がり、つられてソンクラーンへのテンションと期待も高まる

 


そしてそこでたまたま知り合った日本人の方も急遽観光メンバーに参加!(6年ぐらいタイに住んでてめっちゃ頼りになった)

 


メンバーが6人となりいざタイの街へ!

 


ちなみに今回泊まる部屋はドミトリー(4人部屋)

f:id:had8c5fc72znl256:20190415222547j:image

料金は1部屋丸々で1400バーツ!

それを割り勘(1人350バーツ)+デポジット(預け金)500バーツを前払いです

 


ソンクラーンの洗礼

「とりあえず屋台で飯でも食べようか」

そうなって街へ繰り出し3分後にいきなりの洗礼!

ワタシもしっかりとぶっかけられカメラワーク乱れております

 


全員ビッショビショのまま近くの屋台飯を

f:id:had8c5fc72znl256:20190415230118j:image

(屋台は至る所にあって安い!ガパオライス?的なやつとか一食150円ぐらい)

 


腹ごしらえもすんで、タイの大型ショッピングモールを巡ったりしてました

タイのショッピングモール一覧↓

 


もちろん道中も水掛けられまくり(少し穏やかw)

 


マッサージ屋さん有馬温泉

f:id:had8c5fc72znl256:20190415225741j:image

続いてシーロムというところにある有馬温泉

 


1階スペースで足のマッサージ&耳かき&手足の爪のお手入れを全部同時に体験させてもらいました

f:id:had8c5fc72znl256:20190415223551j:image

 

気持ちよくなって顔の締まりという締まりが見事に無くなっております

f:id:had8c5fc72znl256:20190415223636j:image

 

ほんと耳やら足やら手やらと、感覚がいそがしすぎて1人てんやわんやしてましたよマジで

 


終わった後は足スッキリ耳スッキリ手足の爪めっちゃキレイ(整いまくり)で体も心もウッキウキ

 


最後にお茶も出してくれてすんごい和みました

有馬温泉をもっと詳しく↓

 


そうこうしてたら夜も更けてきたので近くのお店で晩御飯を

 


創業して30年以上のお店 らあめん亭

f:id:had8c5fc72znl256:20190415224236j:image

 


男6人でがっつりガツガツ腹ごしらえ!

f:id:had8c5fc72znl256:20190415225845j:image

f:id:had8c5fc72znl256:20190415225913j:image

(どれもこれも美味しかった!日本人好みの味付けばかり!)

 


ソンクラーンの熱気も最高潮に

そしてそして同じくシーロムのメインストリートは水掛け祭りで熱狂を通り越して発狂レベル!

現地の人はもちろんのこと、色んな国の人たちが集まりに集まって活気が凄まじかったです(ちょっと怖いぐらいの勢いw)

 


社会勉強です ゴーゴーバーです

女性の方、支援者に気まずい思いを抱えつつも世の男性のために突入(建前)

f:id:had8c5fc72znl256:20190415230221j:image

ブログに書くか悩みましたが「そこは書いてなんぼだろ」精神で筆をとりました(葛藤を超えた)

 

誓って邪な気持ちがあったわけではありません(必死)

 


周りのご厚意と現地でのリアルタイム支援もあり体験させてもらえる運びとなった次第です(いやらしい)

 


結論としてはお酒飲んで女の子と楽しくおしゃべりして清く正しく飲み終えました(信じて)

 


気になった方、興味が湧いた方は後学のためにコチラをどうぞ(健全な学び)

 


途中クレイジーなやつ(一緒に観光してたメンバー)がダンスステージに立って踊り出すシーンも

 

特別に撮影許可をいただきました

コチラがそのシーンです

f:id:had8c5fc72znl256:20190415230339j:image

(ぶっ飛んでるぜ!)

※ゴーゴーバーは撮影禁止です!勝手に女の子を撮っちゃうと罰金だったり怖いことになっちゃうよ

 


そんな感じで夜も更けに更け〆に近くの屋台ラーメンを食って1日を終えました

 


タイでノマドワーカー気取り

次の日は朝から夕方までずっとこのブログを書いておりました

 


途中休み休みで周りを散策したりしてゆったりした時間も堪能することができました

 


途中「タイでブログ書いてるオレってなんかカッコ良くね?」って心の中で調子に乗ってました

f:id:had8c5fc72znl256:20190415230922j:image

(そんな自分が現地の子供に狙い撃ちされてます)


SDバーベキュー

f:id:had8c5fc72znl256:20190415231021j:image

ひとまずすることが一通り終わったので晩ご飯を食べにプラカノンというところにある食べ放題のお店へ

 

好きな食材(肉、海鮮、野菜、他単品料理など)を店内から取り、オープンエアの席でいただきます

f:id:had8c5fc72znl256:20190415231101j:image
f:id:had8c5fc72znl256:20190415231107j:image

ソフトドリンクの飲み放題もついて1人320バーツ(そして時間は多分無制限)

 


炭火焼き海鮮とムーカタ(タイ式焼肉と言われて焼肉と鍋が合体したようなもの)をいただきました

f:id:had8c5fc72znl256:20190415231347j:image

 


ちなみに衛生面が気になる方には残念ながらオススメできません(食材にフタなどをしてないのでハエが寄ってきちゃう)

 


ですが!ローカル感を味わいたい方やワイワイしたい人には結構オススメ!

 


汗だくになりながらお腹いっぱいになるまで食べさせてもらいました

 


カイバOctave

そしてタイ旅行最後の〆にスクンビットにあるホテルマリオットの最上階(45階)にある素敵バーに

※パスポートのチェックがあったんで行く時にはお忘れなく

 


ハイボールを頼みましたが確か日本円で1,000円ぐらい

ドレスコードもゆるくカジュアルに楽しめるのでオススメ

 


360度パノラマ景色で広がるタイの夜景はめちゃくちゃにキレイでした

 


テンションも上がり記念撮影

f:id:had8c5fc72znl256:20190415231758j:image

 

あまりの高さにビビってたところを追い討ちでイジられました

危うく初対面の人に対して涙を見せるところでした

f:id:had8c5fc72znl256:20190415231733j:image

 


そうこうして帰国の時間も近づいて来たので今回泊まらせてもらったホステルに荷物を取りに

 

最後にタイとサヨナラする前にお世話になった宿の現地スタッフの方と一緒に記念撮影

f:id:had8c5fc72znl256:20190415232203j:image

この人すげー気さくでホステルに帰った瞬間にソンクラーン(水掛け)されましたw

 


旅の終わりに

f:id:had8c5fc72znl256:20190415232244j:image

タイランドソンクラーン

本っ当に楽しかった!満喫させていただきました!!

 


お誘いに始まり、アドバイスがあり、企画を立ち上げ、支援と応援と期待をもらい今に至りました

 


リターン(観光体験情報発信)を大前提に「消費思考」ではなく「生産思考」で!と意識しながら動かせてもらいました

 


この記事が「タイやソンクラーンを知りたい」という人

「行きたい」って人の後押しに

 


そして支援してくれた方々が「支援して良かった」と感じてもらえればとても嬉しいです。

 


最後まで読んでいただき有難うございました!

自分を責めちゃうそこのアナタ!それ良いことないよ!

f:id:had8c5fc72znl256:20190406213050j:image

ついつい自分を責めてしまうクセがついちゃってたり、時期的なもので過剰に責めすぎたりすることがある人って結構いると思います(ワタシがそうでした)

 


また、全てに対して自分を責める人はそんなにはいないが

 


仕事だけは責めちゃう

恋愛だけは責めちゃう

過去にだけ厳しい

未来にだけ厳しい

 


そんな風に一部に厳しい人がほとんど

そして自分を責めないで現実を受け入れるのは難しい

 


そうしてムダに自分を責めちゃう人が多い

 


「自分に厳しくしよう」

そうしてパフォーマンスを上げようと

 


ちなみに無理に自信を持とうとしたりポジティブ思考になろうと思ってすると逆にネガティブ効果が

 


じゃあどうすれば結果として自信がつくのか

 


────────────────

セルフコンパッションを持つこと

────────────────

セルフコンパッションとは自分に対して思いやりを持つこと、共感のこと

 

自分をいかに受け入れるかが大切

 


自分を責めちゃうってのはあらゆる面で上手くいかない

自分を上手く認めることができてる人の方が能力も高くなる

 


────────────────

自分に甘くするのと先送りは違う

────────────────

上手くいかなかった時にセルフコンパッションが低い人はこう考える

「なんで自分はダメなんだ」

「意志の力もないダメな人間だ」

「だからもっと厳しくしないと」

→上手くいかないと《もっと難しい課題》を自分に課す

 


例えば80の成果が必要なことに50しかあげれなかった時

→50じゃ全然ダメ、次は120を目指す

といった具合に

 


甘い人の思考は

「80目指して50しかできなかったけどたまたまでしょ」

「なんとかなるでしょ」的な、このままでいいでしょってなる

マズイことがあったときに、そのことから《目をそらして対策をしないのが甘さ》

 


セルフコンパッションがある人は厳しい人と甘い人の中間ぐらい

→80狙って50だった事実を受け入れる

「たりなかったんだな」

「そういうこともあるよ」

「でも50しかとれなかった理由があるはずだ」

「自分なりの対策を見つければきっと80はいかなくても70ぐらいはいけるだろう」

「じゃあ頑張ろう」

 

という風に自分に優しい言葉をかけて励ます

 

こういった前に進むための励まし、優しさを与えるのがセルフコンパッション

 


無駄に自分を責めない感覚、考え方を持ってる人は大きな成果を手に入れる人が多い

 

 

 

────────────────

ムダに自分を責めない3つの考え方

────────────────

①失敗=「学習」と捉える

→人間は基本的に何かを失う時にしか学ばない

 


悔しさとかネガティブな感情によって記憶に刻み込まれる

 


だから失敗は学習

 


失敗することによって学習という対価を手に入れるのか

 


成功を手に入れて報酬という対価を手に入れるか

 


成功することによって成果ばかり手に入れてるといつか報酬が手に入らなくなる

そうすると挫折に弱い人間になる

 


「学習」がないから先に進めない

 


本当に失敗したくないなら同じことをしてればいいが学習がないから上に先に進めない

 


ようするに「失敗はしなくちゃいけない」

 


「失敗してるってことは学びの方向に進んでるだな」と捉えること

 


失敗することによってしか前に進むことはできない

 


上手くいってることを打ち捨てる必要はないが自分が失敗したり痛み、悔しさを感じるものにも手を出した方がいい

 


自分が上手くいってる仕事を10の労力で10の成果を出してるとする

 


10の成果を保った状態で労力を9.8.7.6と減らしていく

 


そうして空いた分で失敗するかもしれない新しいことをする

 


そうすると「学習と報酬の両方を担保」できるようになるからオススメ

 

 

 

②自分と他人を比べない

→ 自分は「その人」ではないから

 


「自分は他人ではない」から比べる意味がない

 


比べようがない、違うものは比べない

 


なぜか

 


人間は他人がよく見える

自分のことは客観的に見えない

 


ムダに自分を責める人は本当は成果も出してるし、良いところもあるし、色んな才能があるのに自分が見えていない

 


その状態で他人を見るとどうなるか

他人の方が客観的に見えるから良くできてるように見える

 


そうするとムダに自分を責める原因になる

 


自分と他人を比べるってことはムダに自分を責める第一歩になるからやめた方がいい

 


だけど「過去の自分」と比べるのはいい

前に進んでいる感覚をつくろうとか

チャレンジしている感覚をつくろうとか

 


過去の自分と今の自分を比べていくと基本的にプラスの方向に行く

 


過去の自分と比べると今の自分はもし失敗したとしても、失敗した時の後悔も知っているし調子に乗っちゃいけないってことも分かってるから今の自分の方が上に上がってるとわかる

 


前回よりも昨日よりもほんの少しだけ前に進んでいればオーケー

 

 

 

③正解は1つじゃないと知る

→ 正解が一個しかないと考えると

そのやり方で失敗したらもう終わりと思ってしまう

 


例えば

いい大学に入らないとダメ

大企業に就職しないとダメ

年収〜万じゃないとダメ

 


その考え方はとても危ない

何かを達成するには無限の方法がある

 


将来に向かって新しいことをしていくなら正解は一つじゃない

 


今見えてる、言われてる正解じゃない正解を見つけてあげないと逆にいうと成功しないとも言われてる

 


絶対唯一の正解は存在しない

複数の正解を導き出すことが現代では強みとされる

 


色んな夢を達成する時は3つ以上の方法を考える

 


なぜか

 


実際にやっていくとダメになっていくことが多々ある

 


そこで3つあれば次を試してるあいだに他の方法を考える余裕がある

だから色んな手法を見つけていくってのが重要になってくる

 


唯一の正解はない

誰かに言われても違う

 


それぞれが何かをするにあたっては唯一の正解はない

 


むしろ他の人がやらない思いつかない正解をいくつ探せるかっていうゲームのような感覚を持つと良い

 

 

 

────────────────

まとめ:自分を「励ます」方が結果としてパフォーマンスが上がる

────────────────

おさらいすると

 


・自分を責めても良いことない

 


・無理にポジティブ思考にしたり自信を持とうとすると逆効果

 


・そうじゃなくて「現実を受け入れて」「自分自身を励ましてあげる」こと

 


・そのための考え方は「失敗=学習」「他人と比べない」「正解は1つだけじゃない」などがオススメ

 


ってとこです

 


自分自身の行動として「失敗をとりにいくマインド」と「自分自身をアップデートすることに集中」する姿勢でやっていきまーす!

 


みなさんも是非自分自身への行動に落とし込んでみてください!

「ヒミコノハガイーゼ」って知ってる?

f:id:had8c5fc72znl256:20190404064840j:image

最近忙しさにかまけてご飯をよく噛まずかき込みまくってました

 


そんなある日、「30回噛めば胃腸へ負担をかけずにすむ」なんて小話を聞いたもんで初心にかえって「ご飯をよく噛んで食べよう!」と実行中でございます

 


────────────────

よく噛むだけで得られる8つの効果

────────────────

これ「ヒミコノハガイーゼ(卑弥呼の歯がいーぜ)」なんていう語呂合わせがあるんです

 


《ヒ》肥満防止

→ゆっくり噛むことによって満腹中枢が刺激され食べ過ぎ防止に

 


《ミ》味覚の発達

→食べ物の形や固さをしっかりと感じることによって味がよく分かるように

 


《コ》言葉の発達

→よく噛み筋肉を使うことで表情豊かになったり発音がキレイになったり

 


《ノ》脳の発達

→脳への血流が増え記憶力の向上に繋がる

 


《ハ》歯の病気予防

→唾液が分泌され食べカスや細菌を洗い流しむし歯や歯肉炎の予防に

 


《ガ》ガンの予防

→唾液に含まれるペルオキシターゼという酵素が食品の発ガン性を抑える

 


《イー》胃腸快調

→噛み砕くことで消化しやすくなってカラダの負担が減り胃腸の働きも活発に

 


《ゼ》全力投球

→これらの相乗効果でカラダが活発になり仕事も遊びにも集中力を発揮できるように

 


と!

「よく噛む」ということだけで、こんなにもステキすぎる効果が

 


────────────────

実践するための3つのコツ

────────────────

さてさて、そうは言っても「何十回も噛むのは大変、、」

そんな人は以下の3つを意識してみて下さい

 


①ご飯を味わいまくる

→お米なんかもしっかり噛めば甘みが出てきたりしますし、料理の味付けや食感を堪能すると「噛む楽しさ」に繋がります

 


②「噛む」を楽しむ

→「ヒミコノハガイーゼ」効果を意識して噛み噛みすると良いですね

「噛むたびに良くなってる」って感じで思考すると良いです

 


③自分に優しくする意識を持つ

→カラダ、とりわけ内臓たちは不眠不休で頑張ってくれてます

キツイからと言って「今日は休ませてくれー」なんて言わないです

だからこそ普段から自分自身のカラダへの感謝と労いの気持ちを込めてよく噛んでみるのも1つ

 

 

 

あとは、小技的なやつは「一度ご飯を口に入れたら飲み込み終わるまでハシを置いておく」とかですね

 


ちなみに100回も噛めば断食効果まであるらしいです!

 


「噛む」ということ1つでも心身に影響する力は大きいです

 


まずは今日の一口目からいつもより1回だけでも多めに噛んでみるとこから始めてみましょ

発信の「3つの型」を知る

f:id:had8c5fc72znl256:20190402173747j:image

「毎日発信をする!」と掲げて当面の目標を100日としてチャレンジ中

現在4日目(三日坊主ラインは超えたぜ!)

 


ということで今回は「発信」について深掘ってみました

────────────────

発信活動は分類すると3つに分けることができる

────────────────

①交流発信

これはコミニュケーションを促進するための発信

「こんな所にいった」「こんなご飯を食べた」や感情ツイートなど

 


②宣伝発信

自身の生業にしていることやサービスなどのお知らせ

 


③情報発信

タメになったり役立つ発信

例えば①での「こんなご飯を食べた」の発信で終わるのではなく、材料や調理法に触れている、またはお店の場所や電話番号などの情報も載せているなど

 

 

 

────────────────

情報発信=価値を提供すること

────────────────

発信力を身につけて活躍している人たちはみんな③の情報発信がほとんど

 


②の宣伝発信は少なく

①の交流発信に関してはほぼゼロ

 


そんな人たちの投稿は学びがあったり、喜びや楽しさだったりと「価値の提供」がハンパない

 


一億総発信者時代になって交流発信はめちゃくちゃ増えてはいるが、その数と比べると「情報発信」をしてる人はまだまだ多くはないように感じる

 

 

 

────────────────

《まとめ》「情報」発信を続けていく

────────────────

だからこそ役に立ったり、楽しくなるような発信をやっていこうと思う今日この頃です

 


「スナックどくろー」という活動外だと発信することが少なかったんで、こんな感じで日々のインプットや考察を発信していきます

 


そうは言いながらも最重要優先項目は「継続」なんで宣伝になろうとも交流になろうとも日によって良しとしますw

 


明日は何を「発信」しようか

あなたは自分のカラダの使い方を知っていますか?

今日は去年博多で行われたディスカッションイベントで知り合った整体師 沖田一整さんの運営する《すこやか元氣院 福岡本院》に行ってきました

 

f:id:had8c5fc72znl256:20190401204750j:image

彼は19歳から3年間ひどい腰痛と右足のしびれに苦しんだ末、22歳でカラダのクセに気づき克服


そこから体験をベースに様々な知見を学び組み合わせ恕身法なる施術を生み出し治療家として活動中


今回特別に施術体験させてもらいました

────────────────

沖田一整 先生のここがスゴイ!

────────────────

f:id:had8c5fc72znl256:20190401204915j:image

①握手をしただけで〝その人のカラダのクセ〟を見抜く!

→もっと言えば握手する前からちょっと見抜かれたりする(ほんと凄かった)

 


②ものの数分で効果が出る!

→パンパンに張ってて軽く押しただけで痛みを感じてた部位が、なんか関節やらなんやらを数分施術されただけで痛みが無くなり軽くなる!

 


③カラダの使い方を教えてくれる!

→自分のカラダの使い方がいかにクセだらけかを丁寧に分かりやすく教えてくれる!

 


色んな整体やらなんやらをちょいカジりしてきましたが、即効性とカラダの納得度が全然違いました

 


握手でクセを見抜くのがスゴイのはもちろん、カラダを正しく使うと力の入り方が全然違いました

 


────────────────

正しくカラダを使うこと、それ自体が筋トレになる

────────────────

無理な無駄な力を使うことによって過度な疲労が溜まり、その部位をカバーしようとして更に別のとこが疲れちゃう

 


こうなると慢性的疲労に繋がり「疲れやすい・回復しづらい」状態になります

 


施術でほぐし、改善(コリがヒドイと最初は痛いぞ!w)してもらった後に足や腕の「正しい使い方」を教えてもらいました

 


これホント体感して欲しいです!

「えっ!?そんな風に動かすの?」って驚きだらけでした

 


この「正しい使い方」を知り、日常の動きに取り入れるだけで十分すぎるほどのトレーニングになり得ます

 


それぐらい使ってない部位が誰しもあるということ

 


実際に沖田先生はジム通いなどは全くしていないとのことだったんですが、片足スクワットを軽々やってました(ビビった)

 

ちなみに得意技はマイケルジャクソンのムーンウォークだそうですw

 

そんな沖田先生の院は5/1より開院!

完全予約制とのことなので近隣の方は是非問い合わせてみてください

↓ホームページ↓

【レビュー】超じぶん管理アプリ「リズムケア」

さてさて先日こんな記事を書きました

 

この中で「記録するって大切」って言ってるんですが「どんな風に記録してんの?」って声があったんで自分の記録方法方の紹介です

 

────────────────

カスタマイズしまくれる記録アプリ

「リズムケア」

────────────────

超じぶん管理「リズムケア」

超じぶん管理「リズムケア」

  • Yasuo Shiohata
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 

これどんな項目でも手軽につくれるのがめっちゃ良くて!

 

自分はチェックボックスとしてのみ使用してますが他にも

・5段階評価

・時間計測

・カウンター

などなどを好きなアイコンを選んでカスタマイズできます

f:id:had8c5fc72znl256:20190331233320j:imagef:id:had8c5fc72znl256:20190331233334j:imagef:id:had8c5fc72znl256:20190331233353j:image

 

更に一覧機能でどれだけやったかを一目で振り返れるのもイイ!

f:id:had8c5fc72znl256:20190331233720j:image

 

 

自分のはこんな感じです

f:id:had8c5fc72znl256:20190331233933j:image

f:id:had8c5fc72znl256:20190331233944j:image

 

これをすることによって「やらない日」によってできる空白がイヤでやっちゃう状態になれます

(全部埋めたい!コンプリート症候群的なやつ)

 

そうなればこっちのものですね!

 

ダイエットや貯金、いろーんな取り組みを続けるコツは「可視化(記録)」することです

 

振り返って見た時に「うふふ」となってくるからです!

 

習慣化までの大まかな流れはこんな感じ

《START》小さくとにかく始める→記録する→記録が貯まる→振り返る→「うふふ」になる→もっと貯めたくなる→更に続く→いつかしかやるのが当たり前に!《GOAL》

 

ということです

 

無料アプリなんで試しにとってみる

とりあえず一回使ってみるってのをオススメしますっ

超じぶん管理「リズムケア」

超じぶん管理「リズムケア」

  • Yasuo Shiohata
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料