ろうくん備忘録

スナックどくろー/としろーの記録とアウトプットのブログ

【境界線をとっぱらえ】誰しもが凡人であり秀才であり天才でもある

スポンサーリンク

f:id:had8c5fc72znl256:20190630232305j:image

凡人、秀才、天才という3つのタイプ

• それぞれが違う軸を持っている

• 天才は創造性→より良くできるか

• 秀才は再現性→理にかなっているか

• 凡人は共感性→相手や考えに共感できるか

• この軸の違いでコミュニケーションが上手くとれなくなることが起こる

• それぞれの方の間に橋渡しするタイプがある(アンバサダー)

• エリートスーパーマン→天才と秀才の橋渡し

• 最強の実行者→秀才と凡人の橋渡し

• 病める天才→天才と凡人の橋渡し

• また共感性で突き抜けている人は「共感の神」タイプ→天才の支えたり、秀才の気持ちを感じ取ったりできる

 


全ての人が3つのタイプを持ち合わせている

• 自分の中の天才と秀才と凡人に気づくこと

• そうすれば自分も周りももっと理解できるようになる

 


才能は磨ける

• 再現性は勉強を頑張れば得られる

• 創造性は経験量を圧倒的に積むことで得られる

• 共感性は人間力学(天才、秀才、凡人の関係性)を理解することで得られる

• 周りの声にのまれずにリミッターを外すことが大切

• 実は3つのタイプに境界線はない

• それぞれがお互いを理解し合えば更に優しい世界にできる

• 3つの才能を理解して活躍の場を広げる

 

参考記事

僕たち凡人はどうしたらいい?「天才を殺す凡人」の著者に相談したら“勘違い”を指摘された|新R25 - 20代ビジネスパーソンのバイブル

https://r25.jp/article/645192431250156302